Delivery Services
保護技術の概要です

テクノロジーと人力調査・リサーチの特殊な組み合わせが他の企業とUnidamの違いです。各クライントに合ったサービスの提供によりコンテンツ保護、物流、マネタイズ等の経営判断の素材として使用していただける用に
年中無休24時間モニタリング
Unidamはアジア・太平洋に複数配備されている施設で海賊社会の体型や環境を常に監視しています。各オペレーションセンターでは様々なデータを処理し、必要と思われるデータを自動的にファイリングしていきます。インデックスされたデータはコンテンツアナリストによって分析と解析が行われ、サービスの向上に使用しています。変化が激しい海賊版環境に適したサービスを常に提供できるように心がけています。
コンテンツ リサーチ
様々なコンテンツの種類の保護の経験と海賊社会の現状からお客様のコンテンツに適した保護プランを構築し、より効率的な対策を実現させています。変化の激しい海賊社会の体型や環境を常に監視と理解することにより、検知速度と制度が上がり、誤検知などコンテンツへのネガティブイメージが起きない用に配慮しています。
オーディット、警告と削除の確認
Unidamスタッフは毎日オーディット、警告、コンプライアンス確認作業を行なっています。違法である可能性のリンクの確認、警告の送信、削除の確認はアジア各地のバイリンガルスタッフによって行われています。主に自動システムが大部分の作業を行いますが、コンテンツアナリストをかませる事により、誤送信のリスクを回避したり、全体のリスクマネージメントを最小にしています。
レポート
複数のプラットフォームから提供される情報を解析し、まとめて各クライアントに提供されます。基本レポートをベースに、クライント毎に必要な情報を提供しています。
コンサルテーション
Unidamは重要なパートナーになれるようにコンテンツ保護やマネタイズをわかりやすいコンサルティングします。Unidamではアドホックプロジェクトも一部受け付けています。特定の地域での海賊版普及率、DRMの効果、マーケット参入に必要な条件等。